カナダのオーツ麦で心臓、身体、精神を満たそう

100年以上の品質と栄養

カナダの大草原は栄養豊富で高品質なオーツ麦を世界に大量にお届けしています。マニトバ州の肥沃な土地からサスカチュワン州の日当たりの良い平原、そしてアルバータ州の雄大な美しさまで、カナダのオーツ栽培者は100年以上、高品質と美味しさの伝統を育ててきました。

カナダは高品質のオーツ麦の生産と輸出で世界をリードしています。カナダ穀物委員会(CGC)は過去100年間、穀物の水準を管理してきました。カナダの穀物は厳格なモニタリングを通して最も厳格な衛生・環境要件を満たします。

カナダのオーツ麦は世界中のご家族に楽しまれ、その美味しさは自然とのハーモニーにより醸造されてきました。カナダの栽培者は自然の風景と水質保護に最善を尽くしています。またカナダの冷涼な気候は病気や害虫を避けるという自然の利点を提供します。

オーツ麦の食べ方

栄養豊富なオーツ麦はそれぞれの人のニーズが何であれ、有益な効果をもたらします。アスリート、学生、子供、母親、妊婦など、オーツ麦はすべての人々の身体のフィットネス改善、減量、コレステロールや糖尿病の予防、心臓の健康を助けます。

オーツ麦は口当たりが良く、ご家族や様々なライフスタイルのニーズに適しています。オーツヌードル、オーツライス、オーツミルクは従来の穀物に取ってかわる健康的で栄養素の高い代替品としても使用でき、心臓の健康を改善するベータグルカンを豊富に含んでいます。

オーツ麦は簡単に日々のダイエットに含むことができます。朝食にフルーツとヨーグルト、またはミルクと一緒に食べたり、クッキーやビスケット、スムージー、あるいは料理の一部に使用できます。オーツはその特性のため、様々な種類の調理に使用できます。グルテン不耐性など食品アレルギーをお持ちの方にも代用品として使用可能です(食品アレルギーに過敏な方は、特別表示のパッケージをお探しください)。オーツ麦は血糖値を下げ、血糖値の急上昇を軽減し、血糖コントロールを改善するため、糖尿病をもつ方にも貴重な食品です。

オーツ麦の身体への作用

あらゆる穀物の中でも、オーツ麦は最も広範なエネルギーと栄養特性を有し、身体全体に効き目があります。簡単な朝食として最適です。

オーツ麦は炭水化物、ビタミン、ミネラル、タンパク質の貴重なソースであるほか、消化問題、肥満、糖尿病、高コレステロール値に効果があることが実証されています。

オーツ麦はエネルギー源です。身体と血液に栄養を与え、精神を豊かにします。

  • 消化:胸やけ、胃炎、 潰瘍、便秘、下痢、腸内ガス、胃痛との闘いを助け、肝臓をサポートします。
  • 心臓:ストレスを軽減し、血液をデトックスし、抗血栓作用があり、心臓発作や動脈硬化を回避します。
  • コレステロール:オーツ麦は「悪玉」コレステロール(LDL)が消化器官を通過する時、スポンジのように働いてこれを吸収し、体外に排出します。この時「善玉」コレステロール(HDL)は消化器官に残されます。1日に3グラムのオーツ麦の水溶性繊維を取るだけで血中コレステロール濃度を低下し、心臓病のリスクを削減します。
  • 糖尿病:血糖値を下げます。オートミールは血糖値の上昇を抑制し、グルコースの調節とインシュリンを改善するため、糖尿病をもつ人々の朝食に最適です。
  • 神経系:ビタミンB1は神経系の適切な機能に必須です。オーツ麦は緊張、不安、うつ病、その他の神経疾患を緩和します。大人だけでなく子供の不眠症を改善し、精神機能を高めることでも知られています。
  • 減量:エネルギーを高め、満腹感が得られ、バランスの取れた栄養素を供給します。オーツ麦の複合炭水化物などの構成要素は体重の維持、エネルギーの供給、食欲のコントロール、適度な満腹感に役立ちます。
  • 母親と妊婦:オーツ麦は胎児の発達と母乳の生成に貢献します。
  • ガンリスクの低減:オートミールは抗酸化物質です。細胞に損傷を与え、心臓病やガンを引き起こす可能性のあるフリーラジカルの制御に役立つトコトリエノールという物質を含んでいます。
  • 睡眠:昔からオートミールを夜食にすると睡眠を改善すると信じられています。

出典:

http://www.poga.ca/default.aspx?page=13
http://wholegrainscouncil.org/whole-grains-101/health-benefits-of-oats
http://www.breastfeeding-problems.com/oatmeal-for-breast-milk.html
http://www.eatmoreoats.com/health.html
http://www.doctoroz.com/videos/what-eat-deep-sleep?page=3