オートミール・コーン・トルティーヤ

 

オートミール・コーン・トルティーヤ

印刷ボタン

柔らかくて美味しいオートミール・コーン・トルティーヤを失敗なく作るのは、簡単なことではありません。

コース サイドメニュー
人数分 12

材料

オートミール・コーン・トルティーヤ:

  • オートミール¾ カップ
  • コーンフラワーまたはマセカ¾ カップ
  • ぬるま湯¾ カップ と大さじ2
  • 塩少々
  • 水、適量

メキシカンスタイルエッグ:

  • 卵2 個
  • 熟したトマト1 個、角切り
  • ハラペーニョ½個
  • 白玉ねぎ¼ カップ
  • オリーブオイル小さじ1
  • コリアンダーのみじん切り、好みで
  • ソース、好みで
  • 塩と胡椒、好みで

作り方

オートミール・コーン・トルティーヤ

  1. オートミール、コーンミール、塩をボウルで混ぜます。火傷を防ぐため、沸騰させないようにお湯を沸かします。ボウルに1/2カップの水を加え、手でよく混ぜます。すべての材料をどれだけ正確に測ったかによって、また、使用した小麦粉の種類やブランドによって、生地を完全に滑らかにするために追加する水の量が異なります。私は、さらに大さじ2杯の水を追加しました。これによって、生地が手にべたつかなくなります。上のビデオを見て、生地の理想的な滑らかさを確認してください。
  2. 手で円筒を作り、半分に切ります。合計12個のボール状の生地が必要です。
  3. 生地を全部ボウルに入れ(生地を混ぜ合わせるのに使ったボウル)、布巾で覆います。これはとても重要です。そうしないと生地が乾いてしまうからです。
  4. トルティーヤを作って調理します。
  5. プラスチックの袋などを切って、2枚のシートを作ります。1枚のシートの上にボール状のトルティーヤ生地を置き、その上に別の1枚を乗せ、上から押して平らにします。このようにすれば生地が手にべたつくことがありません。私は、ジップロックバッグを切ってシートを作っています。
  6. コマールまたはフライパンを中火で熱します。
  7. 手動式のトルティーヤプレスでトルティーヤを平らにします。トルティーヤプレスを持っていない場合は、ボウルまたはお皿で、ボール状の生地が完全に薄くなるまで平らにします。
  8. トルティーヤに中身を詰めてタコスとして食べるときに折れたり破れたりしないように、柔軟性のある薄いトルティーヤを作ることがとても重要です。
  9. 鉄板に置き、片面45~90秒ずつ焼きます。この加熱時間は、コマールをどれぐらい熱したかによって異なります。
  10. 生の生地と完成したトルティーヤを常に布巾で覆って、トルティーヤを次々に作り続けます。作り立てのトルティーヤを容器、トルティーヤホルダー、トルティーヤウォーマーなどに入れて温かく保ち、乾燥しないようにすることをお勧めします(そうすれば破れません)。
  11. 私の家族は、卵やチーズと一緒にケサディーヤとして、または豆やチーズと一緒に朝食に食べるのが大好きです。

メキシカンスタイルエッグ

  1. 出来上がったトルティーヤにメキシカンスタイルエッグを詰めてみました。
  2. 焦げ付き防止加工のフライパンにオリーブオイル少々を入れ、フライパンが熱くなったら、トマト、玉ねぎ、みじん切りにしたハラペーニョを加え、3 ~ 4 分、または材料が柔らかくなるまで炒めます。
  3. 卵を加え、塩、胡椒で味をととのえ、好みの固さになるまで加熱します。
  4. トルティーヤに上述の具を詰め、コリアンダーのみじん切りとお好みのソースを添えます。

ビデオ

メモ(ヒント)

トルティーヤが破れる原因:作り立てのトルティーヤが破れた場合は、生地に入れた水の分量が足りなかったか、トルティーヤを作っている間に生地が乾燥したことが原因です。上手にできたトルティーヤはとても柔らかく、しんなりとしているはずです。そのためには、生地は常に布巾で覆っておく必要があります。もう一つの原因は、厚みがあり過ぎてうまく折り畳めないことです。また、加熱時間が長かったために乾燥し過ぎたことも原因の一つです。試行錯誤を繰り返しているうちに、原因がはっきりわかってくるでしょう。