野菜の天ぷらと天つゆ

 

野菜の天ぷらと天つゆ

野菜の天ぷらと天つゆ
印刷ボタン
コース 夕食
人数分 4 人前
執筆者 カナダのオーツ麦

材料

天ぷら生地:

  • オーツ麦粉½カップ
  • 小麦粉½カップ
  • 卵1個
  • 氷入りミネラルウォーター 1カップ
  • 揚げ油、適宜
  • 塩と胡椒、適宜

野菜の天ぷら:

  • ズッキーニ 1本
  • ナス 小1個
  • ブロッコリー ½個
  • アスパラガス、適宜

天つゆ:

  • お湯 ¾カップ
  • 本だしまたは粉末だし小さじ1
  • 醤油 大さじ3
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖またはハチミツ 大さじ2

作り方

天つゆ:

  1. 小鍋に水と粉末だし、砂糖、醤油、みりんを入れて混ぜます。中火で2分間、沸騰するまで加熱します。
  2. 火からおろし、野菜の天ぷらが出来上がるまで脇に置いておきます。
  3. 天つゆは冷蔵庫で4~5日ほど日持ちします。

野菜の天ぷら:

  1. 角氷をミネラルウォーターに加えて、氷水になるように冷やします。
  2. 調理時間が長くなりすぎないよう、野菜を薄めの短冊切り、または薄切りにします。
  3. 切った野菜にコーンスターチか小麦粉をまぶしておくと、天ぷらがべたつきません。
  4. 大きくて深い鍋かフライパンで油を加熱します。
  5. 小麦粉をオーツ麦粉と一緒にふるってサラサラにし、ボウルに入れます。
  6. ボウルに卵を溶きほぐし、氷を入れずに冷やしたミネラルウォーター(全部で1カップ必要)、塩、胡椒を加えてよく混ぜます。
  7. ふるった薄力粉を加え、箸で混ぜます。これは、泡だて器を使うと泡立てすぎてしまうためです。天ぷら生地を上手に作る秘訣は、冷やすことと、調理の長時間前に作らないことです。
  8. 天ぷら生地に野菜を浸したら、すぐに熱した油の中に入れます。きつね色になるまで両面を数分間揚げます。温度にもよりますが、約2~3分はかかります。油が少なすぎると野菜が油をすべて吸収して脂っこくなり、また、油が熱すぎると野菜が柔らかくなる前に外側が焦げてしまうので注意が必要です。
  9. 揚げ終わったらペーパータオルや吸水紙の上に乗せて余分な脂を取り除きます。
  10. 時間をおくとパリッとせずに柔らかくなってしまうことがあるので、すぐにお召し上がりください。
  11. 用意した天つゆを添えると、レストラン風でおいしくいただけます。

ビデオ

メモ(ヒント)

ミネラルウォーター:スパークリングウォーターとも呼ばれる泡のある水で、天然水にはない泡のおかげで天ぷらがサクサクと仕上がります。

エアフライヤーで作る場合:私の好きな方法ではありませんが、可能であれば、380ºF(約193℃)に予熱したホットエアフライヤーで8分間加熱し、加熱の途中で一度裏返します。合計調理時間は、エアフライヤーの熱の強さや、どれだけ直接食材に熱風がかかるかなどによって異なります。